塗り替え時期のセルフチェック

新築時に比べて、外壁が色あせ、くすんでいる

新築時に比べて、外壁が色あせ、くすんでいる イメージ画像

日向と日陰では、外壁の変色も違ってきます。
特に住まいの南面は、ベランダをつくるなど面積が広くなりがち。
そのぶん紫外線をたくさん浴びたり、風雨にさられるので、色あせがしやすくなります。
同じ壁面で見比べて、あきらかに変色ぐあいがちがうときは、塗り替えサインといえます。

壁に手を擦りつけると白い粉がつく

壁に手を擦りつけると白い粉がつく イメージ画像

壁を手で触れて、白い粉のようなものがついたなら、壁が劣化している証拠。
これは「チョーキング」と呼ばれ、風、雨などで塗装が古くなり変質し、粉状になってしまった現象です。
一般的な外壁塗装の寿命の目安。
この状態なると、防水の効き目がなくなっているので、塗り替え時期がきたといえそうです。
また、太陽光でもなりやすいので、南面の壁も確かめてみるといいでしょう。

鉄部にサビがある

鉄部にサビがある イメージ画像

ひと昔の塗装であれば、3年程度でサビてきたものです。
しかし、今では良質な塗装も開発され、耐久性もぐんとアップし、サビがでにくくなりました。
とはいえ、サビが広範囲に見られるようでしたら塗り替えをオススメします。
鉄部といえば、特にベランダや外階段の手すりなどに使われるもの。
安全のためにも、ちゃんとした塗装ケアをしておきましょう。

壁が反っている

大きなひび割れ、チョーキングをほかっておくとどうなるのでしょうか。
どんどん壁が反り返ってしまい、どんどん雨水や湿気が進入してしまいます。
その結果、壁面内の部材がもろくなり、建物自体の老朽化を早めてしまう原因にも。
そうなると塗り替えだけでは済まされず、補強工事にもつながります。
大事になる前に、壁の反りを見つけたら早めに対処しておきたいものです。

外壁の塗装がはがれている

外壁の塗装がはがれている イメージ画像

特に築年数が経っている住まいに多く見られるのが、外壁塗装のはがれです。
長年、雨水にさらされたことにより、塗装の耐久性が落ちてしまった結果といえます。
実はこれと別に「密着不良」で、はがれてしまうこともあります。
「密着不良」とは、塗装がきちんと定着していない状態のこと。
これは前回の塗装時に、しっかりと下地処理を施さなかったことが主な原因です。
密着不良をほっておくと、はがれがどんどん拡大していきます。
程度によっては、はがれた箇所だけの補修で済むケースもありますが、広範囲ともなれば最悪の場合、すべて張り替えになり費用もかかります。
こちらも早め早めのチェックで、対応しておきたいものです。

木部の塗装がはがれている

木部の塗装がはがれている イメージ画像

風雨にさらされる木部は、傷みの進行が早い傾向にあります。
屋根と外壁の間に使われている破風板(はふいた)など木材を使用していることが多く、特に注意したい箇所です。
傷みがひどくなり腐ってしまってからでは手遅れ。
そうなってからでは塗装では対処できませんし、木部の取り替えとなったらコストもかかってしまいます。
やはりマメなチェックを心がけたいものです。

壁と壁のつなぎ目を指で押して、へこんだままになる

壁と壁のつなぎ目を指で押して、へこんだままになる イメージ画像

壁と壁の隙間を埋めるために必要なのが、ゴム状の部材「コーキング」。
雨などの侵入を防ぐことを目的とした防水材でもあります。
この部材を指で押して、弾力がない状態なら危険信号。
さらに劣化が進むことで「ひび割れ」が起こり、そこから水が漏れてくる可能性があります。
状況によっては、コーキングを補修するだけのケースも。
一度信頼できる業者に相談してみるのも方法です。

外壁にコケや藻などがついている

外壁にコケや藻などがついている イメージ画像

壁面に光沢がなくなると起こりやすいのが、コケや藻。
これが発生してきたら、塗料に含まれている防カビ剤などの効果がなくなってきた証拠です。
特に日の当たらない北面、湿気のたまりやすい場所にできやすく、あっという間に増殖してしまいます。
外壁の汚れの70%は、外壁に付着したコケや藻が原因。
見映えが悪いだけでなく、壁面の劣化を進行させてしまいます。
また家の中にまでカビや微生物が進入し、ダニの発生を招きやすく、シックハウス症候群の引き起こす可能性も。
コケや藻の対処としては、高圧洗浄をしてからの塗装になります。

外壁がひび割れている

外壁がひび割れている イメージ画像

外壁をチェックしたとき、いちばん目につきやすいのが、ひび割れでしょう。
ちょっとした振動などで起こりやすいため、国道や線路沿いに建てられた住まいに多く見られます。
素人目にもわかるので、訪問販売の営業マンに指摘されやすい箇所でもあります。
小さなひび割れなら、どこの住まいでもあるものですから、それほど気にする必要はありません。
ただしそれは、ちょっとしたひび割れのときのお話です。
ひび割れがどう見てもひどいときは、外壁が基準の厚みより薄いということ。
それは手抜き工事が原因かもしれません。
また、建物自体にひずみが生じているケースも考えられます。
やはり専門家にチェックしてもらうことが先決です。
なお、ひび割れをそのままにしておくと外壁が急激に劣化してしまうことも。
結果的に塗装だけでなく、もっと大掛かりな補修が必要になります。
ひび割れがひどくなる前に、塗装をすることをオススメします。

かなり色が褪せている(カラーベスト)

かなり色が褪せている(カラーベスト) イメージ画像

塗装の色が褪せてしまっているだけでなく、防水効果が劣化していく可能性があります。
日光の当たり方や、使われている塗料などの条件によって傷み具合はちがいます。
塗り替え時期を知るために、セルフチェックで現在の状態を把握しておきましょう。

サビが見える(トタン屋根)

サビが見える(トタン屋根) イメージ画像

塗装面がぼろぼろになっています。
すぐに対処しないと雨漏りなど、もっと大変なことになります。

屋根のセルフチェックは、要注意!


外壁塗装 屋根塗装 ベランダ防水工事 アパートマンション 工場・倉庫 シリコン塗料 フッ素塗料 アステックペインと 遮熱塗料 岐阜市 各務原市 関市

あなたの目で、南部建装を確かめて下さい!
来店予約
現場見学ツアー

お問い合せ 無料見積もり依頼
スタッフブログ
こだわりの建物診断を大公開!
ていねいな5つの報告
見積の見方ご存知ですか?
塗り替えセミナー
お問い合わせの流れ
施工の流れ

あなたの目で、南部建装を確かめて下さい!
来店予約
現場見学ツアー
よくあるご質問
屋根リフォーム
アステックペイント
最高級塗料プラチナ無機シリーズ
超低汚染リファインシリーズ
アパート・マンション塗装
お問い合わせからご契約までの流れ

最新チラシ

2017年2月13日

施工エリア

施工エリアマップ

岐阜県、愛知県、三重県全域

塗り研 日本塗り替え研究会
リフォームローン取り扱い店 cedyna セディナ
このページのトップへ